ウーマン

短時間で部分痩せ|脂肪溶解注射で理想の体になろう

理想の眉のラインの形成

ナース

アートメイクの施術は個々の皮膚の状態や回復の過程を見越した上で行われる必要があります。その為、美容整形等の専門の医療機関で施術を受けることが不可欠で、大阪の専門クリニックのような医療機関でアートメイクの施術を受ける事が大切です。

注入してしわを改善

レディ

何回かヒアルロン酸注入の治療を受けると、効果が長く続くようになります。日常生活でも、しわをつくらないように気を付けます。ヒアルロン酸注入に用いられるヒアルロン酸は、分子が大きいため、大量に注入することはできません。様子を見ながら、調整します。

脂肪細胞に作用する注射

注射

切らない脂肪吸引VS切る脂肪吸引

厄介な肥満体型を改善。脂肪溶解注射でダイエットを成功させましょう。脂肪吸引よりも、安心で確実な結果を残せますよ。

体への負担が少ない

脂肪溶解効果のある薬剤を脂肪が気になる部分に直接注射をすることにより、その部位の脂肪を溶解し、排除するのが、脂肪溶解注射です。脂肪溶解注射は以前は薬剤を注入した部位が腫れる・むくむという症状が長期間現れることもありましたが、近年はそのような事もなくなり、以前よりも人気を集めています。脂肪溶解注射を行い、溶解した脂肪細胞は汗や尿などとともに体外へと排出されますので、リバウンドをするという心配も少ないと言えます。さらに、脂肪吸引手術とは異なり、腫れや痛みなどが少なく、日常生活に支障をきたすことが無いということも人気を集めている理由です。傷跡が残ることもありませんので、安心して施術を受けることが出来ます。

術後の症状

脂肪溶解注射は誰でも受けることが出来るというわけではありません。妊娠中や心臓病や不整脈などの慢性疾患がある場合には、施術は避けたほうが良いでしょう。また、脂肪溶解注射では皮膚を切開するということはありませんが、体質や施術部位によっては内出血や赤みが見られることがあります。施術後2週間程度で分からない程度まで回復しますが、その間は肌の露出などは避けた方が良いでしょう。脂肪溶解注射に使われる薬剤にもよりますが、大豆に含まれる成分が使用されることがあります。そのため、大豆アレルギーを持つ人が行った場合には、アレルギー反応が見られることがありますので、事前に確認し、アレルギーがある場合には、避けるようにしましょう。

頬のしわの原因と対処法

中年女性

ほうれい線は誰にでも起こり得るものだし、何気ない頬杖や姿勢や癖、生活習慣が原因となってしまいます。ほうれい線が気になるという場合は自分の生活習慣や行動を振り返り、簡単な対策をできるだけ早く始めてみましょう。